【残念】頬のたるみ毛穴は100%消えない!そこそこ消えた人の対策と理由

皮膚を引っ張ると消えるのがたるみ毛穴。残念ですが、一度肌がたるむと100%元には戻りません。

残念ですが……たるみ毛穴は基本的に消えません

また、たるみ毛穴が出ているほうが健康な肌というパターンもあります。これに気づいていないと、余計なケアをしてたるみ毛穴をひどくします。

たるみ毛穴を消したいなら、諦めの気持ちが少し必要です。無理なことを頑張ってやってしまい、余計にひどくなっている人が多いです。

化粧品では解消しません。見た目を軽く見せられるのならあり。美容皮膚科でレーザーくらいですね。家庭用美顔器ではちょっときついかな?といった感じですよ。

頬のたるみ毛穴は絶対に100%戻らない

たるみ毛穴が消えない理由

なんでたるみ毛穴は消えないの?たるみ毛穴を消す方法っていっぱい見つかるのに?

たるみ毛穴の原因は、主に真皮層の緩みとされています。でも真皮層が一度緩んだら元に戻すのはほぼ困難だからです。

ハッキリ言って、たるみの進行速度が遅くなる期待はできても、巻き戻すというのは非現実的なんです。

そりゃいろいろありますよ?コラーゲンやエラスチンを増やしたり、ヒアルロン酸を増やしたり。

でも、100%元に戻ることはありません。

美容皮膚科でレーザーを当て続けても100%たるみ毛穴がもとに戻ることはないです。

なぜ?たるみ毛穴が100%改善しない理由

芸能人なんか頬のたるみを切除したり、糸を入れて後ろに引っ張ったりしていますしね。フェイスリフトって手術です。

そこまで物理的にしないかぎり、頬のたるみが100%元に戻るってことはないです。だから、頬のたるみ毛穴が消えるというスキンケアは、ほとんどが嘘か逆効果です。

今、30代のたるみ毛穴が異常に増えている!

昔と比べて30代女性のたるみ毛穴率が急激に高まっています。

理由はスマホです。

スマホは首を前に傾けて長時間操作しがち。そのため頬肉が、正面を向いているときより強く重力に引っ張られます。

首が前かがみの状態は、首横の筋肉が緩むため、頬の肉がより垂れやすくなるのです。

逆に天井を見た場合、頬はピンとなりますよね?

だからスマホ愛用者の人は、いろんなたるみ毛穴対策をする前に、スマホ使用時の姿勢を正すようにしてください。

そうしない限り、美容外科で手術してもすぐにたるみ毛穴は再発します。

マッサージはやるな!顔面体操より頭と首の筋肉をほぐそう!

たるみ毛穴は真皮層のさらに奥。脂肪層や筋肉の緩みも原因の一つ。

でもマッサージはダメ!

マッサージしても得られる効果はわずかな血行促進だけ。

強すぎる顔のマッサージは、脂肪層と筋肉との癒着がズレて、一生戻らない緩みが出ることもあります。たるみ毛穴お化けになるかも。

顔面体操もやり方を間違えるとほうれい線が出ます。意外と知られていないリスク。

おすすめは頭皮のマッサージとストレッチ

椅子に座った状態で姿勢を良くして、両手を頭頂部に置き、ものすごく軽く抑えながら後ろに手を落とすイメージで力をかけます。

頭蓋骨を後ろに巻き込むイメージ。めちゃくちゃ軽くですよ?これでいいの?ってくらい軽くです。

こうすると、頭頂部から首にかけてのコリが取れて、顔の下がっていた筋肉が後ろに戻されるんですよ。

簡単だしその割に効果あります。

アスタリフトのハリジェリーがこれと同じくらいフェイスラインがスッキリします。それだけ頬肉が緩んでいる証拠なんですね。

日中に眠気が強い人、だるい人は頭と首のコリが原因の可能性大。そんな体調不良の人にもおすすめです。

頬のたるみ毛穴だけ対策したら失敗する

頬のたるみ毛穴対策に必要なこと

でも頬のたるみ毛穴が目立たなくなった人もいるのでは?

頬のたるみ毛穴は、何も真皮層のハリが戻らなくても目立たなくなるケースがかなりあります。効果があったという人は、純粋にたるみ毛穴が解消したのではなくて、違う原因で見た目が分かりづらくなったのです。

だから、たるみ毛穴を何とかしたいなら……

  • 真皮層に関連するケアを毎日続ける
  • 見た目改善のケアで綺麗にする

という二重のケアを続けるしかありません。

これなら、見た目でそこそこマシなので、メイクやお出かけが以前より苦になりません。そして、裏側ではそれなりにハリケアもしているので、進行予防か、程度によっては改善も期待できるかもしれません。

真皮層のケアは1年くらい続けてどうにか結果で差が出るくらいです。少なくとも半年は続けてなんぼの世界です。

たまたま見た目のたるみ毛穴が改善されたとしても、それが長期的に間違ったケアだと、30代や40代などの節目で毛穴がパッカーンとなります。そうなったら最後。絶対に元に戻らないので、今のケアが本当に将来的に正しいのか?なぜ効果が出ているのか?出ていないのか?を知っておく必要がありますね。

たるみ毛穴も角質層次第で目立たなくなる

たるみ毛穴が角質層次第で目立つ解説図

肌のハリが戻らなくても「たるみ毛穴」が分からなくなる理由は?

毛穴の最終出口は角質層です。だから角質層しだいで毛穴の見え方は変わります。たるみ毛穴でも角質層しだいで見た目が全く違うんですよ。

例えば……

肌が薄くて弱い人が、角質を育てる、いわば角質培養をしたとします。

うまくいくと角質の厚みが戻ってきて肌がふっくらしてきます。するとどうなるか?

角質層が分厚くなることで毛穴の入り口が深くなり、毛穴が広がって見えるようになります。

肌が薄い人は角質層が薄い人です。

肌が薄い人は毛穴が目立ちにくいんです。

角質層の厚みを正常にすればたるみ毛穴は目立たなくなる

肌が薄い人のほうが毛穴は目立ちません。なぜなら、角質層が薄いと毛穴の入り口が狭くなるからです。角質が厚くなるほど、毛穴はラッパ状に広がって大きくなります。でも実際の毛穴サイズは一切変わってないんですよ?

だから、顔の中でも薄い部類の頬、小鼻の横あたりのたるみ毛穴は、さらに肌が薄い人だと毛穴が分かりづらい。でも肌が薄いから刺激に弱くて肌荒れしやすく、それでハリをさらに失いやすいです。

一見、たるみ毛穴がなくて若い肌に見える人でも、肌が薄いタイプだと後にドッとたるみに襲われます。

だから、周りの同世代でたるみ毛穴がない人を見ても、うらやましいと思わないこと。もしかすると、数年後にその人の肌が急激に垂れているかもしれません。薄いだけに刺激にさらされやすいからです。

今、たるみ毛穴に悩んでいても、基本的にそれ以上は大きく悪化しません。きちんと対策し続ければ見た目は変わります。

頬以外の毛穴がたるまない、目立たない理由

角質が分厚くなると毛穴が広がって見えるなら、なんで足のかかとや肘の裏は毛穴が目立たないんだ?というと、毛穴自体が少ないか存在しないからです。

毛穴がないから、たるみようがないのです。

だったら小鼻はどうだと。

小鼻は毛穴が多いし皮脂も多い。なのにたるまないじゃないか?

これは小鼻の皮膚がいつも突っ張っているからです。いくら歳を取っても、鼻の皮膚がたるんでくることはありません。多少しわしわになりますが。

おでこも頬より毛穴が少ないです。マイクロスコープで見たら一目瞭然です。顎もそうです。

頬は毛穴が多い。さらに角質が元から薄く、積み重なったときの影響が大きいのです。足のかかとに角質がこれ以上積み重なっても、別に変化に気づかないですよね。元から分厚いので。

頬のたるみ毛穴にピーリングがいいというのは嘘

たるみ毛穴とピーリングの関係

頬と小鼻横のたるみ毛穴は角質が邪魔なの?ピーリングすればいいの?

毛穴の存在が目立つかどうかは、真皮層のたるみより、入り口の角質層次第です。なので余計な角質が溜まっていたら毛穴は大きく見えますし、たるみの影響をモロに受けます。

でも、頬のたるみ毛穴のために角質ピーリングは間違いです。

角質を剥がしすぎるとたるみが悪化!

角質が過剰に薄くなると肌は元に戻そうとします。

いわば家の壁・屋根が薄くなった、雨漏りしだしたような状態なので、角質を増やして応急処置しようとします。

しかし、ピーリングで頻繁にガッツリと角質を削ると、肌も角質を回復しきれません。

生まれてくる角質も急いで作ったためモロくて剥がれやすい。バリア機能が落ちて紫外線や摩擦刺激をモロに受けるように。

するとコラーゲンが劣化してたるみが悪化!

ピーリングすればするほどたるみ毛穴がひどくなってしまうことに。

確かにピーリングでたるみ毛穴が消えるけど……

ややこしいのは、角質が溜まっている人は、ピーリングでたるみ毛穴が結構消えるんですよね。

でも、頻繁にやると角質層が薄くなってコラーゲンが劣化しやすくなります。

2週間もしないうちにたるみ毛穴はまた復活します。

気になってまたピーリング……

こんなことをしていると、どんどん肌がモロくなって毛穴だらけになります。

かなり角質が溜まりやすい人なら定期的にピーリングはあり

お風呂で温もった後に、軽く爪を立てて軽くなぞってみてください(洗顔前です)。

ゴソっと白い、黄色い角質が爪に溜まるようなら角質が溜まっている証拠。

こんな人は、洗顔の仕方を工夫するか、定期的にピーリングするとたるみ毛穴に効果的です。

ただ、定期的といっても家庭用なら2週間に1回くらい。美容皮膚科でも1~2ヶ月に1回くらいのペースです。

たるみ毛穴の見た目改善のためというより、対策コスメの浸透を高めるためです。

古い角質が多いと、たるみ毛穴対策の成分が十分に浸透しないからです。

頬の肌水分量を上げれば見た目は変わる

たるみ毛穴の見た目を良くするにはどうすればいいの?

もし角質層の水分量が足りていないなら、水分量を増すだけで角質状態が良くなります。なので多少、たるみ毛穴が目立たなくなります

たるみ毛穴とは皮膚の垂れ下がりで、毛穴が丸から縦長になることで影が増えて目立つ現象です。

たるみ毛穴で悩んでいる人も、ほとんど乾燥毛穴(詰まりも含む)も併発しています。だから乾燥毛穴を解消することで、角質部分の開きが消ます。すると、毛穴が縦に潰れても影が少なくなるから、たるみ毛穴も解消したようになるのです。

たるみ毛穴がピーリングで綺麗になったというのは、古い角質が原因の乾燥毛穴が一時的に解消しているからです。決してたるみ毛穴には効いていません。すぐに元に戻ります。

角質層の水分量を上げれば、実際にたるみ毛穴が改善したわけじゃないのですが、見た目的にはかなりマシになります。

  • たるみ毛穴=真皮層
  • 乾燥毛穴=角質層

ですが、どっちにしても毛穴の入り口は角質層です。

だから角質層次第で毛穴の見え方は変えられるってわけですよね。

それに真皮層に成分を届けることは基本できません。でも角質層なら簡単です。どっちを頑張ったほうがいいかは一目瞭然。

そして、角質層で水分を維持している成分こそ「セラミド」です。

たるみ毛穴は一旦忘れよう!水分を増やせ!

なぜ角質層の水分量を増やすと毛穴が目立たなくなるの?

毛穴はカサカサになるとしぼみます。

毛穴の入り口は角質層です。ここが水分たっぷりだと毛穴が狭くなって小さく見えます。

例えばお風呂上がり。

風呂上がりだけ毛穴が目立たない理由

お風呂上がりの直後だけ肌が綺麗に見えませんか?

それって角質の水分量が爆上がりしているからなんです。

毛穴が目立たない人ほど角質層の水分量が高くて、常に毛穴が開かなくなっています。

その差が「セラミド」です。

毛穴どれ?になるセラミドの増やし方

角質層の水分量はセラミドを増やせばいいの?

正解。セラミドはコラーゲンやヒアルロン酸と違って簡単に増やせます。皮膚の専門家も推奨するヒト型セラミドを化粧品を塗るだけです。簡単!

ただし、セラミドを減らさないようにすることも重要です。

1.ヒト型+アシルセラミドで角質ストップ

バリア機能を高めるためならセラミドはヒト型でないといけません。植物や馬の天然セラミドは、保湿力はそこそこあるもののバリア機能にはあまり貢献しません。
やはり人のセラミドと同じ構造でないと、角質層内で綺麗な水分の層を作れないからです。

またセラミド1や9といったアシルセラミドも必要です。

アトピー肌の人はバリア機能が弱っている状態です。この肌に足りないのがアシルセラミド。アシルセラミドがあれば角質層は強く美しくなることが分かっています。

ただアシルセラミドは価格が高いため、配合されている化粧品はそれほど多くありません。選ぶなら、セラミド1(EOP)、セラミド(EOS)の記載があるものを選ぶべき。特に毛穴にどうこうとかではないのですが、毛穴が目立つ仕組みを考えるとバリア機能は外せませんね。

2.洗顔で角質を落とそうとしないこと

乾燥で毛穴が目立つ理由は、毛穴周囲に積もった余計な角質です。

ですが洗顔やクレンジングで落とそうとすると逆効果です。

しっかり洗顔すると、洗いたては確かに毛穴が消えます。ですが、これは角質層に水分が浸透して若干ふっくらしたのと、水分が光を反射して毛穴の影を飛ばしているだけ。

これを勘違いして丁寧に洗顔・クレンジングをしすぎると、角質層のセラミドが落ちてバリア機能が低下します。

角質が落ちるということはセラミドも落ちるということです。汚れを落とすための洗顔、メイクを落とすためのクレンジングの範囲なら、不要になった角質が落ちるだけなのでセラミド量に影響はありません。

ですが、ピーリングケアをしたら肌が乾燥するように、必要以上に剥がすとセラミドが落ちるのです。

さらに、セラミドは脂質だから界面活性剤によって除去されます。だから皮脂汚れと一緒に落ちてしまいます。洗顔しすぎると肌がバリバリになるのはセラミドも落ちているからです。

最初は肌表面の皮脂に界面活性剤が作用します。でも洗いすぎると皮脂がなくなり、次の脂質を探します。それが細胞間脂質であるセラミドになり、洗いすぎた時間は全てセラミド不足の原因になります。

3.優しい洗顔料・マイルドなクレンジングが毛穴に正解とは限らない

注意したいのは洗顔料のタイプ。

洗浄力が穏やかな洗顔料はセラミドを落としにくいですが、洗う時間が長くなると一緒です。すすぐまで40秒以内でスッキリせず、1分以上かかっているようなら、もう少し洗浄力が強い洗顔料で時間を短くしたほうがセラミドが減らないこともあります。

逆に10秒くらい洗ってちょっと突っ張るような雰囲気があるなら、明らかに洗浄力が強すぎるので変えたほうがいいと分かりますね。

これはメイクでも同じ。

メイクの濃さによってクレンジングの強さを変えるべき。理由は同じです。

強い洗浄力は、

  • オイル(ミネラル)
  • オイル(エステル合成系)
  • オイル(植物油脂)
  • クリーム
  • ミルク・水タイプ

となっています。

濃いメイク、ウォータープルーフならミネラルオイルじゃないと時間がかかり、摩擦がかかって刺激となります。その刺激が角質生産を早めて毛穴周囲に積もる結果になります。

万人受けするのは植物油脂系のオイルです。時短で済ませられる人ならエステル系もあり。

マイルドなイメージのクリーム、ミルククレンジングですが、実際は界面活性剤の塊であり、セラミド影響が意外とあります。メイクが薄い人にはオイルより有効ですが、一般的にしっかりメイクをする人はオイルのほうが乾燥せず毛穴も目立たないんですよ。

たるみ毛穴に効く化粧品で探しても無駄!

何か真皮層に働きかけるようなスキンケアはないの?

基本的にありません。化粧品は角質層までの浸透しか認められていないからです。

ただ、医薬部外品なら別です。

たるみ毛穴に効くという表現ではありませんが、

  • 資生堂エリクシール「純粋レチノール」
  • POLAリンクルショット「ニールワン」
  • ONE BY KOSE ザ・リンクレス

この3つはシワを改善するという表記が認められています。

資生堂エリクシールは真皮層じゃなくて表皮のヒアルロン酸を増やしてシワを消すということですが、まあレチノールは線維芽細胞に働きかける成分なので、書いていないだけでしょう。POLAリンクルショットは真皮層での働きです。

どちらもシワを消す効果がある程度認められています。ということは、肌のたるみにも関連してますよね

ただこういった改善医薬部外品は、使ってすぐに効果が出ることはありません。薬より効能がマイルドなので、長く使い続けて結果が出ます。それに、浅いシワが消えたとしても、毛穴がたるむほどの垂れを元に戻せるかは結構疑問です。

なので、こういった真皮層コスメだけを使っていると、一向にたるみ毛穴に変化がなくて、効果がないや……と一本使い切ったくらいでやめてしまうでしょう。

だから、見た目の毛穴改善(セラミドアップ)と同時にやらないとダメなんです。見た目がマシになれば、真皮層コスメも使い続けられますよね。何となくでも効いている感じになりますし。

使い続けることを考えれば、この中で一番安いのがKOSE、次に資生堂、POLAは独自成分なのでかなり高めです。この点も考慮して選ぶといいでしょう。

10~50万円出せるならレーザー治療…ただし…

レーザー治療ってやっぱり効果ある?

ありますね~。さすがに化粧品なんかより、断然レーザー治療です。たるみ毛穴にはもってこいです。

レーザー治療というと痛い!高い!というイメージですが、最近はそうでもないんです。別にメスを入れて整形するわけでもないですし、たるみ毛穴目的ならやってもいいんじゃないでしょうか?

いわゆるシミを消すレーザーは「バチン!!」というゴムで弾かれた痛みがあります。でも、たるみ毛穴対策の場合はピンポイントのレーザーじゃありません。広範囲の緩い光を当てるので、ほとんど痛みはありません

線維芽細胞を刺激して活性化させるので、たるみ毛穴の程度が軽ければ結構効果があります

ただ問題なのは、1回で効果が出ないこと。シミ消しなら1回で済むことが多いのですが、たるみ関連は数回やらないとダメです。1回で効果が出ることもありますが、基本的に数回は続けてコラーゲンが増えてハリが増してきます。

予算としては最低10万円から。昔ほど高くはないですが、だから予算に余裕がある人用の対策かも。

レーザーでたるみを解消しても再発する

レーザー治療を受ける人に言っておきたいのは、たるみ毛穴解消効果が出ても、その効果はいつまでも持続しませんよ?ってことです。

あくまでレーザーを受けてしばらくしか線維芽細胞が活性化しません。なので、しばらくするとまた頬がたるんできて毛穴が目立ってきます。

真皮層コスメにしろ、レーザー治療にしろ、絶対に欠かせないのが、これ以上コラーゲンやエラスチンを壊さないことです。

なぜ紫外線対策が必要かと言うとこれなんですね。紫外線は強烈にコラーゲン等を破壊してしまうからです。いくら線維芽細胞が元気になってコラーゲンやエラスチンを作っても、壊れる量が多いとたるみ毛穴はそのままです。

頬のたるみ毛穴を変える3つの対策まとめ

スキンケアだけでたるみ毛穴を解消するなら、真皮層のコラーゲン対策だけやらないこと。必ず、乾燥毛穴対策とセットで!

ニキビで潰れた毛穴も、肌水分量が上がれば結構分かりづらくなります。一度潰れた毛穴は元に戻りません。コラーゲンを増やそうとしても無理です。増えても修復されないのです。

でも毛穴が目立つかどうかは入り口次第なので、余計な角質が積もらないようにすれば、結構ひどめのパックリ毛穴でもそこそこ目立たなくなりますよ。

1.レチノールやビタミンCやHSP、成長因子を使い続ける

線維芽細胞に働きかける成分であるレチノール、ビタミンC、成長因子(FGF)配合のコスメを使い続けることが重要。

はっきり言ってそんなに期待できません(笑)半分おまじないです。信じたものが救われるくらいの気分で!

(※成長因子は化粧品では浸透しないと言われています。なので美容皮膚科がいいでしょう。ただ医者の中でも意見が分かれる成分です)

でも期待できるのは成分的にこれしかないです。使い続けることでプラスになる可能性があります。少なくとも判断は1年使い続けた人だけが語れることです。

ただシワ改善効果が認定された医薬部外品化粧品でさえ、誰しもが実感できるレベルじゃありません。そしてシワが消えるといっても結構微妙。なのでたるみまでは……といった感じです。これでたるみ毛穴とおさらば!という期待は禁物。

あと注意したいのは、こういった成分はもれなく刺激が強いです。リポソーム化しているか、資生堂みたいに工夫しているものが必須。個人輸入のレチノールなどは濃度がきつすぎたり劣化が早くて、逆に刺激となってコラーゲンを破壊することもあるので注意。冒険はやめましょう。

2.セラミドを増やして見た目をカバー

たるみ毛穴の人でも、純粋にたるみだけで毛穴が目立っているケースは少ないです。やはり乾燥毛穴も混じっています。

難しくて可能性が低いたるみ原因ばかり追い求めても結果は出ません。見た目さえよくなれば別にいいのですから、必ず乾燥毛穴対策をしましょう。

ヒアルロン酸とかじゃなくてセラミド。条件は先程のとおり。ヒアルロン酸は一時的な効果しかありません。

セラミド量が多いとピーリングしなくても、普段の洗顔で余計な角質が自然に落ちます。メリットだらけなのでやらない手はありません。

セラミドが増えて肌水分量が安定すると、バリア機能が高まり余計な角質が積もらなくなります。

毛穴周囲の角質が平らになって毛穴入り口のラッパ状が小さくなります。毛穴が目立っている人の多くはこれ。ここを解消するだけで、たるみ毛穴の見た目もかなり軽くなります。

コラーゲンが壊れる原因を避ける

紫外線はもちろん、糖化も防ぐように。

たるみ毛穴を解消したいと言っているのに、なぜかこれを忘れている人ばかり。

仮に美容皮膚科に毎月通ったとしても、紫外線を無駄に浴びているとコラーゲンは減るばかりです。

糖化は刺激で悪化します。糖とタンパク質が結びついてできるAGEsという茶色い物質が、コラーゲンをボロボロにします。間違ったマッサージや化粧品の刺激で糖化は促進されます

日焼け止めを塗るとき、おでこや顎と同じ強さで塗り拡げちゃダメですよ?頬は皮膚が薄いので、日焼け止めを塗る摩擦でもコラーゲンが破壊されます。

肌を守る力が強いアスタキサンチンなどを塗っておくのも対策の一つです。

ヒト型セラミド+アシルセラミドのコスメ

洗顔直後、お風呂上がり直後に毛穴の目立ち具合が良くなる人。そんな人はこれを使えば早いです。

角質層の水分不足原因であるセラミド不足。これをバッチリ条件ぴったりで揃えてくれるブランドはこれらです。中にはヒト型っぽく見せて違うもの、とりあえず1種類だけ流行りだから入れました~という製品も多いので注意。

角質がモチネチでミチミチ
アスタリフト ジェリーアクアリスタ

アスタリフト ジェリーアクアリスタ

セラミド濃度はほとんどのブランドで未記載なので分かりませんが、どうやら濃いと見られているコスメです。

特に他のセラミドコスメより、角質がモチーッとします。洗顔後に使う先行美容液ですが、オイリーな人ならこれだけで仕上げても何の問題もありません。アシルセラミドも入っていてバリア力も高いので。肌をすごく守ってくれるアスタキサンチンも入っていますし、本当に十分。

ただ、この後に化粧水を使うとさらに角質が柔らかくなる感じがします。まあ化粧水を吸う吸う。他のセラミドコスメは都合上、油分配合が増えるのでちょっと重い。軽くて毛穴が持ち上がるような感覚はこの製品だけです。

あと、ジェリーの復元力がすごいので見た目のハリ効果がかなりあります。塗った瞬間になんか鏡の前の顔がいい感じなんです。軽いたるみ毛穴なら目立たなくなるくらい。結構持続しますよ。

実は高級コスメレベル
DECENCIA アヤナス

DECENCIA アヤナス

ビタミンCやレチノールは刺激リスクがあります。合わないコスメが多いって人ならアヤナスしかないです。

敏感肌専門ブランドで、ちゃんとしたハリ対策+セラミドケアができるのはここだけ。レチノールを狙ったオリジナルのコラーゲン成分が、弱い肌でもハリ対策を可能に。アスタリフトほどではないですが、塗ってすぐのピーンとした効果もあります。

かなり頑固な敏感肌の人も満足しているほど。DECENCIAはポーラの子会社で、特にポーラはコラーゲンに強いブランドです。最高峰のBAシリーズなら2万円。その高価な研究技術が元となってお手軽価格(アヤナスは1本3,000円台)。

いつもコスメが合うか不安。でも積極的に毛穴ケア、年齢予防したい。乾燥もひどい。だったら多分これしかないでしょうね。妥協じゃなくて十分すぎる内容ですよ。

同ジャンルで一番使いやすい
KOSE 米肌

KOSE 米肌

セラミドを増やす作用がある医薬部外品成分「ライスパワーエキスNo.11」配合のコスメ。

他にも同成分の類似コスメがあります。でも米肌が一番潤い力が高いですね。同成分コスメより工夫されていて毛穴に強いです。

ライスパワーエキスNo.11はじっくりとセラミドを増やしていくので即効性はいまいち。でも米肌は発酵エキスなどで角質層表面も潤いで満たしてくれます。だから表と裏で毛穴を目立たなくしてくれます。ものすごくあっさりしていて気持ちいいのに、毛穴も乾燥も気にならないしテカらないしで使いやすさはNo.1

資生堂の前からあった純粋レチノール国内コスメ

資生堂の純粋レチノールって期待できる?

シワ対策ですが、たるみ毛穴とシワは原因が同じなのである程度期待できます。

世間では資生堂の純粋レチノールコスメが画期的!となっていますが、私のような人物からするとそこまで画期的でもないのです。

レチノールというビタミンA成分をメインにした製品ですが、実はレチノール自体、何も珍しくないしアメリカでは当たり前のように使われています。

ではなぜ、今回資生堂の製品は画期的とされたのか?

それはシワ改善効果があることを認定されたからです。他のレチノール配合化粧品は認定されていません。この認定をとって、シワに効くと表現が許されるまでの審査がめちゃくちゃ大変なんです。

レチノールはかなり不安定で壊れやすく、刺激になりやすいためどのブランドも使いたがらなかったのです。扱いが難しいし、肌が赤くなったとかクレームが恐ろしいので。

資生堂は容器を工夫するなどしてレチノールを安全利用と効果効能を取り付けたわけです。

ただ、純粋レチノールは資生堂以前から販売しているブランド(b.glen)があります。これはリポソームというリン脂質を使った特殊なカプセルで、どんな不安定な成分も安定的に肌に与えることができる技術です。

特にこのブランドはリポソーム技術の第一人者であるアメリカ人薬学博士が開発しており、洗顔等以外は全商品がリポソーム化されています。ただ医薬部外品認定は取っていないという違いがあります(医薬部外品認定はむちゃくちゃ大変)。だから何かの効果を認定されているわけじゃないですよ。

もしレチノールに興味があるなら、個人輸入などはしないように!使うならリポソーム化されたものが安心です。

純粋レチノールが試せる
b.glen Qusomeレチノール

b.glen Qusomeレチノール

純粋レチノール、純粋ビタミンCも試せるトライアル。通常は誘導体というムダが生じる形ですが、ここのブランドは特殊。一番いい状態で肌に届けられます。

レチノールは最初怖かったのですが、実際に使うとあっけないです。レモン?のようないい香りと、尋常じゃないくらい伸びがいいテクスチャーにびっくりです。

忘れられがちですが、頬、特に小鼻の横は皮膚が伸びやすいので、テクスチャーの柔らかさは重要。馴染ませる必要ないくらいスーッと消え入ります。レチノールはハリウッド女優も使っています。最近は整形しない風潮なのでよりレチノール頼みが増えるでしょう。

あと価格も高くないです。この内容なら。1年は使い続けたいので、これくらいの価格帯なら何とかなる人は多いでしょう。365日返品可能というのも安心。

頬がピーン!新聞広告のコスメは効かない?

新聞を見ている人は見たことがあるでしょう。頬や目元がピーン!となるイメージの化粧品。確かゲルクリーム。

あれならたるみが取れて、縦に潰れていた毛穴も丸くなるのでは?と期待できますよね。

あれはポリマー成分の効果。肌で皮膜を作り、それが収縮することで皮膚表面を引き上げる効果があります。

だからあれを塗って軽くマッサージすると、マッサージで引き上がった皮膚が長く維持されます。その意味ではたるみ毛穴が多少分かりづらくなります。

でも、いわゆるお化粧です。これは。使い続けてもたるみ毛穴が改善されるわけじゃないです。

あとちょっとベタつきますね。新聞広告に載せているくらいなので、年配者向けにちょっとこってりしています。もっとあっさりじゃないと、30代くらいの人には毛穴に何か詰まりそうです。

もし興味があるなら、純粋レチノールみたいに裏側で期待できつつ、なおかつピンとハリを与えてくれる製品がおすすめです。

クイッと上がるドクターズコスメ
ビーグレン QuSomeリフト

ビーグレン QuSomeリフト

先程の純粋レチノールと内容が違うトライアルです。と言ってもレチノールクリームがリフト美容液に変わるだけです。

クイックポリマーという肌をピンとさせる成分が入っていますが、ハリ感に関する美容成分がいっぱい入っています。どれもリポソーム系のオリジナル浸透技術で加工されており、そのせいか肌に残る感じが全くありません。アスタリフトのハリ効果より強く感じます。

普通、ピンとなる系は肌が突っ張ったみたいな違和感があるのですが、これは超自然。素肌感維持でたるんだ頬が上向きに維持されます。

純粋ビタミンC美容液も同梱。

頬がゴワゴワなら非ピーリングで角質オフ

たるみ毛穴でも乾燥毛穴が併発しているのが普通です。

肌がゴワゴワしている人は、毛穴入り口がラッパ状になっていて影が広がり、たるみ毛穴が余計に目立ちます。

ピーリングは最初だけで後で後悔する

かといってピーリングをすると、関係ない部分のバリア機能が落ちて角質が余計に作られます。

本当に程よいピーリングならいいのですが、セルフケアではこの加減が分かりません。思っているよりかなり短めでやってちょうどいいくらいです。美容皮膚科なら肌状態を見て調整してくれるので安心ですが、自分でやるのはおすすめできません。

同じく酵素洗顔パウダーも避けたほうがいいです。大丈夫な角質まで剥がしてしまうからです。

セラミドケアが一番おすすめ!クレンジング変更も有効

じゃあどうすればいいのか?

1つはセラミドを補ってターンオーバーを整えること。多少の角質ならこれで勝手に剥がれていきます。もちろんバリア機能を壊さないしむしろ高めるので有効。やはりセラミドは毛穴悩みにもってこい。

2つ目は毎日のクレンジング

クレンジングは油分を剥がし落とす力が強いので、想像以上にセラミドを溶かして角質を剥がします。なるべく優しく、かつ余計な角質を柔らかくする程度のクレンジングがベスト。

お金をかけられるなら天然オイルのクレンジング(4,000円以上することが多い)が毛穴ケアにベストですが、毛穴トラブルがある人はオイルで毛穴周囲が盛り上がる可能性があります

ドラッグストアに売っている1,000円クラスのオイルクレンジングはやめましょう!余計に毛穴が悪化します。

しっかり洗浄力がありつつ、時間をかけなければ肌負担がないのが「ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル」主体のウォーター系クレンジング。誰にでも合いやすいです。高級なオイルクレンジング以外だとこれが一番良かったです。それでも多少価格はしますけど。

なるべく、洗浄系成分が他に入っていない、セラミド配合などで突っ張りにくいシンプルなクレンジング製品がおすすめ。

何も考えず、時短でスッと毎日クレンジングオフ。それだけで毛穴の開き具合が分かりづらくなり、たるみ毛穴をカバーしてくれて見た目が大きく改善しますよ。

ゴワゴワを自然にオフ
フルリ クリアゲルクレンジング

いわゆる水クレンジングと呼ばれるタイプ。きれいな水を使用しており、界面活性剤1種類に複数の美容保湿成分を加えたシンプルな製品です。

他のクレンジングは結構いろいろ入りすぎていて、必要以上に角質を落としてしまい毛穴が余計に目立ちます。フルリはシンプルながら水にこだわっているせいか、似た製品より洗い上がりが軽くて乾燥しません

もっと魅力的なイメージがあるクレンジングがありますが、だいたい洗いすぎる製品ばかりです。フルリはちょうどいい感じがします。特に何も考えずにこれを使っておけば、クレンジング原因でたるみ毛穴がひどくなることはないでしょう。

特に翌日の肌状態が違うのが分かるはず。ああクレンジングのせいだなって。ただ1ヶ月3,500円はクレンジングにしては高い!って思うかも。でも美容液よりクレンジングにお金をかけたほうが圧倒的に毛穴は綺麗になりますからね。

定期購入ですが継続義務はないです。使い切り返品もできますが、外箱が必要なので届いても外箱は置いておきましょう。

  • 送料無料
  • トライアルです(定期っぽく見えるけど)
  • 無期限返金保証(箱要保存)

頬のたるみとは付き合おう!消すのはダメだよ

頬のたるみは芸能人がよく整形で除去しています。

もう60代なのに異常にピンと貼った頬。糸を入れたか切除したかのリフトアップ手術を受けたと思われます。

なぜ分かるかと言うと、全体的に肌が突っ張るため、目の周囲なども釣り上がって表情が不自然になるからです。

一方でハリウッドですが、こちらはもっと派手に、あからさまにたるみ除去手術が行わています。もうサイボーグレベルで。

しかし、最近はたるみを取る整形をやめる、もうやらないと宣言する女優(特にハリウッド女優)が増えています。シワもたるみもアクセサリーだと。もう自分に偽るのは疲れたというのです。

なぜなら、一度たるみを取ると、1年や2年で次のたるみが出てきます。なので気になってまた手術をしないといけません。しかし繰り返します。何度も手術すると、もう元の表情は消えますし、あらゆるところの皮膚が突っ張って表情が作りにくくなります。

そもそも、たるみ毛穴の仕組みや改善方法はこれ!という明確なものはハッキリしていないくらいなのです(参考論文:頬部たるみと毛穴形状の変化)。

ある程度のたるみは受け入れるべき。そのたるみが醜くならなければいいのです。

そのためには、

  • 紫外線を無駄に浴びない
  • 肌のバリア機能を落とさない
  • 十分な睡眠・ストレス除去に務める

これで十分です。

それにプラスして、レチノールなどの線維芽細胞成分を使い続けること。これはおまじない程度で、無意識に使うくらいのつもりがベスト。

ちゃんと対策していれば、たるみ毛穴はそんなにひどくなりません。でも、たるみを消そうとこだわると、どんどん刺激にさらされてひどくなります。

一度起きた頬のたるみを100%元に戻すのは無理です。でも、たるみを綺麗に見せることはできます。ここがきれいな人とそうでない人の努力の差です。

ちなみに、肌のハリが高い人ほど恋愛機会が多く、生活が充実しているというデータがあります(ロート製薬による肌ハリ意識調査)。これを見ると、やはり真皮層ケアも欠かせないですね。
純粋レチノールのトライアル(bg.len)
資生堂かb,glenか。レチノールを試すならどちらかです。b.glenは知名度こそ低いですが、医療レベルの浸透技術を使っています。変な広告も出していませんし、成分に期待するならこういった技術力があるブランドです。

ヒト型セラミド+ハリ効果のトライアル(アスタリフト)
ヒト型セラミドのコスメはいろいろありますが、種類と濃度で完璧なのがこれ。他にもライバル製品はあります。でも、油分をほとんど含んでおらず、先行美容液として使えるのはこれだけです。FUJIFILMの独自技術が実現した、セラミドの良さをダイレクトに体感できるジェリーコスメです。
敏感肌専門ブランドのヒト型セラミドのトライアル(アヤナス)
セラミドの内容ではアスタリフトに引けを取りますが、ポーラのコラーゲン技術がこの価格で採用されているのは超お得。すぐに赤くなる人も安心です。

ライスパワーエキスNo.11のトライアル(米肌)
毛穴が目立っているなら、ライスパワーエキスNo.11コスメの中ではこれ。他のだと表面の潤いが弱いのですが、米肌はいい感じに毛穴周囲を潤いで満たしてくれます。医薬部外品の効能作用があるのもポイント。

このエントリーをはてなブックマークに追加